ハワイのマダラトビエイ

マダラトビエイは熱帯の海全域に生息し、ハワイ語で優雅な鳥を意味する“ヒヒマヌ”と呼ばれています。尾を含めると、全長5m近くになり、エサとなる小さな魚や甲殻類を探して遊泳します。マダラトビエイは大人しく、単独で行動するので、もし見かけたらある程度の距離を保ち、その華麗な美しさを遠くから眺めるようにしましょう。

spatted